資料請求 イベント申込 PAGETOPへ戻る

臨床検査技術学科

臨床医学と検査との総合的な判断力と、
豊かな人間性を兼ね備えた
臨床検査技師を養成します

  • 修業年限3年
  • 定員40名
  • 東京都知事認可
  • 厚生労働大臣指定

病院からも好評を博す 伝統と実績

52年にわたる実績に基づいたカリ
キュラムのもと、3年間しっかりと勉
強することで臨床検査技師として必
要な知識と技術を習得できます。

臨床検査技師が行う検査

検体検査

血液や尿などから科学的データを得る検査です。

  • 微生物検査
  • 免疫検査
  • 血液検査
  • 生化学検査
  • 遺伝子検査
  • 輸血検査
  • 病理検査
  • 一般検査 など

生理機能検査

脳や心臓などの生理的反応や機能を調べます。

  • 超音波検査
  • 心電図検査
  • 脳波検査
  • 熱画像検査
  • 筋電図検査
  • 呼吸機能検査
  • 無散瞳式眼底写真検査
  • 磁気共鳴画像(MRI)検査 など

学びのポイント

現場で必要とされる臨床検査技師を目指して

point1

本校独自の
きめ細かい少人数制指導

本科の1学年の人数は40名。一人ひとりの習熟度をしっかりと把握し、的確な指導を行います。

point2

国家試験合格はもちろん
即戦力が身に付くカリキュラム

知識を習得する講義と検査の技法を実践的に行う実習によって、医療現場で即戦力のある人材を育成していきます。

point3

患者さんに寄り添う
医療人を育成

思いやりの心を持った医療人となるため普段の挨拶、話し言葉は大切。グループ学習などを通して、対話力を養っていきます。

臨床検査技術学科の設備と実習機器

超音波検査装置

最新のカラー超音波装置で腹部や循環器の検査を実践的に学習します。

心電図

心臓から発生する電気を記録し、その波形を読み取ることで、心臓が一定のリズムで動いているのかを調べます。

顕微鏡

患者さんから採取した臓器や組織・細胞などを薄く切って染色し、顕微鏡を使って形態を観察します。

形態系実習室

最新の顕微鏡を使用し、血液検査・病理検査・一般検査の実習を行います。

カリキュラム

患者さんに寄り添った
医療人を育成
国家試験対策も万全です

医療現場の実情に沿ったカリキュラムを
編成。実習や演習を数多く取り入れるこ
とで、卒業後即戦力となる人材を育成し
ています。

病院実習

自分の将来像が明確になる

3年次の4月~8月の5カ月間にわたって病院実習を実施。毎日指定された病院へ通い実際に臨床検査技師の業務を体験します。

学習のねらい

  1. 医療人・社会人としての自覚を持ち、法令および病院内規則を遵守する基本姿勢を身に付ける。
  2. 患者さんの気持ちに近づく努力をすることで、自分が取るべき行動・態度を自覚し、患者対応の重要性を認識する。
  3. 日常業務はもとより、検査室運営・チーム医療・研究など、臨床検査技師の医療への関わりを理解する。
  4. リスク管理への取り組みを認識し、将来、医療レベル向上の一端を果たせるための基礎をつくる。
  5. 検査技術・知識の習得について自ら工夫し考え、指導技師の指示を仰ぎ、積極的に取り組む姿勢を身に付ける。

伝統校ならではの実習先病院

実習先は、厚生労働省から承認を受けた大学病院や公立・公的病院など、どこも日本を代表する先進医療を提供する医療機関です。

  • 東京医科大学病院
  • 東京大学医学部附属病院
  • 東京女子医科大学東医療センター
  • 東京慈恵会医科大学附属病院
  • NTT東日本関東病院
  • 昭和大学病院
  • 東邦大学医療センター大森病院
  • 国立病院機構 東京医療センター
  • 東京慈恵会医科大学葛飾医療センター
  • 板橋中央総合病院
  • 武蔵野赤十字病院
  • 東京慈恵会医科大学附属第三病院
  • 公立昭和病院
  • 日本医科大学多摩永山病院
  • 青梅市立総合病院
  • 東京医科大学八王子医療センター
  • 自治医科大学附属さいたま医療センター
  • 深谷赤十字病院
  • 東海大学医学部付属病院
  • 国家公務員共済組合連合会 横浜南共済病院
  • 東京慈恵会医科大学附属柏病院
  • 自治医科大学附属病院
  • 亀田総合病院
  • (順不同)

先輩に聞いてみました

実習の経験が
日々の勉強に
活かされています

臨床検査技術学科
神奈川県立麻溝台高等学校 出身
実習先/日本医科大学多摩永山病院

平井 美沙樹

実習で感じたことは?

病院での実習は学校内の実習よりもさらに実践的で、学校ではやったことがないような詳しく深い検査をすることができます。臨地実習を通して職場の雰囲気を感じ、働きたいと思う気持ちが強くなりました。

印象に残った検査実習は?

胸骨に針を刺し、骨髄の検体をとる骨髄穿刺です。
学校では検体を採取しているところは見られないので、患者さんに痛い思いをしてもらって採取した検体だと分かり、より大切に検体を扱っていこうという気持ちが湧きました。

実習を終えてからの変化を教えてください。

今までは教科書や参考書をただ読んで勉強しているだけでしたが、実際に見た様子を思い出して想像しながら勉強できるので、一層理解が深まりました。
苦手な科目も分からないことをどんどん調べるようになり、知識の幅が広がっています。