資料請求 イベント申込 PAGETOPへ戻る

気象情報における休講などの措置について

在学生の方へ
今年も台風の季節になってきておりますが、台風接近等気象状況による休講などの措置は下記の通りとなっています(学生必携21ページ7休講(2)より)

 

〇気象警報発令時の授業(定期試験を含む)について

東京23区西部地域に「暴風警報・暴風雪警報・大雪警報・特別警報のいずれかが発令された場合、授業(定期試験を含む)は休講とする。ただし、これらの警報が解除された場合の取扱は次のとおりである。

①午前6時までに解除された場合は平常通り授業(定期試験を含む)を実施する。
② 午前10時までに解除された場合は、午後から授業(定期試験を含む)を実施する。
③午前10時までに解除されなかった場合、全日休講とする。
④ 午前6時以降9時までの間にこれらの警報が発令された場合は②③に準じる。

その他、大雨警報等発令または発令の可能性がる時も、学院長が学生の安全確保が必要であると判断した場合、授業などを休講とする。

※解除の確認はテレビ・ラジオなどの報道による。
※授業(試験)時間中に発令された場合は、当該授業(定期試験を含む)終了後は休講とする。

 

〇休講措置の確認について

休講などの措置についてはキャリアマップのメッセージによる配信と本校ホームページ(新着情報アーカイブNews & Topics Archiveの重要なお知らせ・在学生の方へ)に掲載しますので、確認してください。

 

〇その他

 

気象庁|警報・注意報:東京都

 

記事の一覧に戻る
totop